株式会社ユーザーローカル Google+ ランキング

渡邊るいさんのGoogle+ Trends

渡邊るい

[Google+]
・サークルに追加されている数(Followers) : 2,648人
・この人がサークルに入れている数(フォロー数) : 108人
・国内順位 : 204位
webデザイナー・プログラマー 初めまして!  渡邊るいです。  プロフィールをご覧頂き、ありがとうございます。 -------------------

反応が多かった投稿ランキング

「変わりたいけど変われな... : 2012-10-15 23:24:21 コメント 1件 共有 2人
「変わりたいけど変われない」自分を変える一番簡単な方法 人は、歳をとればとるほど、 人格や価値観がどんどんこりかたまってしまうので、 「変わりたい」と思っても変われないことってよくありますよね。 「うじうじ悩む自分を変えてポジティブになりたい」とか 「素直になりたい」とか それぞれみんななにかしら自分の変えたい部分ていうのは持っていると思うんです。 わたしも変えたい部分はいっぱいあります。 でも変えるのってなかなか大変ですよね。 変えるのに苦労してるから多分今もそのままなわけで。 ここで、私が思う、 「自分を変える一番簡単な方法」を書いてみます。 つい自分に甘くしてしまうとかいう人におすすめです。 結論から言うと、 「自分を変える」ために必要なのは、 「変わる必要性」です。 「強制力」と言ってもいいかもしれません。 「変わる必要性」があれば、 変わらなきゃいけないわけです。 どんなに変わりたくなかったとしても、です。 例えば、 あなたが誰かと付き合っていたとして、 「その性格変えてくれなきゃ別れる」って言われたら、 頑張って性格変えますよね。 (それぐらい相手のことが好きであれば) 英語も、日本で勉強している時は 全然しゃべれるようにならないけど、 海外にいけば半年もたてば喋れるようになったりしますよね。 そんな感じです。 必要性があれば、人は、変われるんです。 つまり、 あなたが自分を変えたいと思うのであれば、 「自分1人で努力して変えていこう」、という発想ではなく、 「変わらなければいけない環境に身を置く」、 という発想にしてみてください。 自分1人で努力して変えていくのは非常に難しいです。 ですが、後者であれば、 その環境に飛び込む最初の勇気さえあれば、 あとは、必然的に変わっていってしまいます。 その環境に耐えられずに離脱してしまうこともありますが。。 ちなみに私は、 「コミュニケーション力」を鍛えるためだけに、 数か月間訪問営業の会社で働いたことがあります。 たぶん、 自分を変えたり、成長していくのが上手い人っていうのは、 自分の甘さを理解して、その甘さが出ないような環境を 自ら作ることが上手な人なんじゃないかなと思います♪ 私もまだまだ成長しますー。^^ P.S. 新しい無料動画セミナー始めました! http://lastlanp.co.jp/sl/gor/ 今回もまじめに、かなり濃い内容なので よかったら見てください♪ 特にマーケッターやビジネスマンの方には 役立つんじゃないかなと思います^^

今日は、最近読んだ本でと... : 2012-11-16 22:16:17 コメント 3件 共有 1人
今日は、最近読んだ本でとてもいいお話があったので、 シェアさせて頂きます! ---------------------------------------- 時間管理の専門家が、あるグループに講演をしました。 彼は4リットル入る大きな壺をテーブルに置きました。 そして、拳(こぶし)大の石を十数個取り出し、 一個ずつ丁寧に壺に入れていきました。 石が壺の口のところまで来て、 これ以上入らなくなったところで、 彼は訪ねました。 「この壺はもういっぱいでしょうか?」 全員が「いっぱいです」と答えました。 次に彼はテーブルの下から、 小石をたくさん入れたバケツを取り出しました。 何個か壺に入れて、ゆすりました。 すると、すきまが詰まって石が壺の中におさまりました。 そこで彼はもう一度たずねました。 「この壺はもういっぱいでしょうか?」 今度は、ちょっと首をかしげる人もいました。 すると彼は「それでは」と言って、 テーブルの下から、今度は砂の入ったバケツを取り出し、 砂を壺の中に注ぎ入れました。 (中略・・) そして彼は一同を眺めわたし、尋ねました。 「この実験の意味はなんだと思いますか?」 頭のいい若者が答えました。 「どんなにスケジュールがいっぱいでも、 よく考えれば、もっと仕事を入れることはできるということです」 「違います」と講師は笑顔で答えました。 「そう答える方が多いのですが、私が言いたいのは そういうことではありません。 この実験から学べることは、 大きな石を最初に入れないと、それは 永遠に入れられなくなるということです。」 さて、あなたの人生の「大きな石」はなんでしょう。 家族との時間、将来の夢、健康、それとも志でしょうか。 最初にそれを入れないと、それは永遠に入れられなくなるのです。 (抜粋:『ザ・ビジョン』) ----------------------------------------- さて、みなさんの「大きな石」はなんですか? 私の「大きな石」は「大切な人の幸せ」かな。^^ 今の家族や、未来の家族、 そして私の周りの大切な人を幸せにするために 今頑張ってるんだーって、再認識しました。 一度きりの短い人生だからこそ、 人生の優先順位も明確にしなくてはいけませんね♪

人生、生きづらいって思っ... : 2012-11-06 12:53:44 コメント 2件 共有 1人
人生、生きづらいって思っている人へ:カルマの法則を理解すると生きやすくなります カルマの法則って知っていますか? 因果応報と同じような意味です。 簡単に言えば、自分のしたことは全て自分に返ってくる、 という意味です。 詳しくしりたい方はこのあたりを見てみてください。 ⇒http://www.fruits.ne.jp/~k-style/taisetunakotoba2.html 私の人生では、 かなりリアルタイムでこの法則が働いています。 ある人との人間関係が、 また別の人との人間関係に逆の立場となって反映されます。 たとえば、 ある人が私に対して冷たく接してきたとします。 そしたら、 私もまた別の人に対して冷たく接してしまう状況に なったりします。 これは例え話ですが、 こういった現象が私はよくあります。 カルマが自分の身に返ってきたときには、はっと気づきます。 自分が人に対してした行いが返ってきたんだなって。 そしてその時に初めて、相手の気持ちが理解できたりします。 だから、私は何か自分にとってよくない事が起こった時は 普段の何倍も人や物に感謝したり、大切に扱うようにしています。 うまくいっていない人間関係がある時は、 その人にきちんと謝ってわだかまりをとりのぞきます。 自己防衛のために、自分以外の人や物を責めるような感情が出てきたら、 すぐに打ち消して、感謝し直したりします。 そして、どんなに気分が落ち込んでいても、 無理やりにでも笑顔を作るようにします。 そうしてると、 数日後には全く状況が変わってしまいます。 気づいたら自分にとっての悪い状況が改善されています。 むしろ以前よりいい状況になっています。 結局のところ、 自分がしたことは全て自分に返ってくるんです。 この法則を理解して実践できれば きっと生きやすくなると思います^^

おしらせです。 凄いシス... : 2012-11-01 15:30:40 コメント 2件 共有 1人
おしらせです。 凄いシステムを開発してしまいました。 実は、うちの会社で、 集客するためのシステムを開発していたんですが、 そのシステムが完成したので試しにつかってみたら こんな結果が出たんです。 ・ブログに設置したfacebookのいいね数が数時間で9倍に増加。 ・サイトアクセス数が平均100倍に増加。 普通にすごくないですか?(笑) 開発しといてなんですが、 まさかこんなに短時間で、大量に集客することが できるなんて予想をはるかに超えてしまいました。 ブログへのアクセス数を増やしたいとか、 リアル店舗へお客さんをたくさん呼びたいとか リストをたくさん取得したいとか 考えている人には絶対役に立つシステムです。 で、 当初は19,800円で販売する予定で開発してたんですが、 あまりに凄い結果がでたので、絶対多くの需要があるってことで、 まさかの無料リリースすることになりました。 使いたい人はご自由にダウンロードして 使ってくださいってことです。 開発の内部に関わっている私としては 無料公開ってなんかさみしいものがあるんですけどね。笑 でも無料って決まってしまったので、 それならむしろできるだけ多くの人に使ってほしいです。笑 ブロガーさんとか お店持ってるかたとか ブランディングしたい方とかには ほんとにオススメのシステムなので、 是非使ってみてください!! こちらからダウンロードできます♪ ⇒ http://lastlanp.co.jp/sl/social_lanp

周りを気にして自分を解放... : 2012-12-21 17:41:35 コメント 5件
周りを気にして自分を解放して生きれない人におすすめの一人旅 私は、よく昔から、急に1人になりたくなって、 夜中にこっそり家を抜け出したり、 誰にも何も言わず電波の届かないような僻地に 一人旅に出かけたりするんですよね。 (非行少女ではないです。笑) 今日もね、仕事の都合上、「電波の届かない僻地」、 とまではいけなかったですが、 1人でビジネスホテルに泊まりに来ました。 この一人旅というか、日常世界からの逃亡というか(笑)、 これが結構自分のライフスタイルで必要不可欠な ものになっているので私と同じようなタイプの人に、 参考になればと思い、書いてみます。 さて、突発的に1人になって、 私が何をしているかというと、 「自分との対話」と、 「エネルギーの充電」です。 人は、日々普通に生きていると、 多かれ少なかれ、何かしらの抑圧や制限を受けて、 その範囲の中で生きています。 人からの評価を気にして、仕事に追われて、 自分の意見や欲望を押し殺して、 でも、時間は止まることなくどんどん過ぎていく。 そんなあわただしく過ぎる日常に埋没していると 「大切な物」が見えづらくなってしまいます。 「自分の本能の叫び」が聞こえなくなってしまいます。 自分のやりたいことが見えなくなったり、 自分の大切にすべきものがわからなくなったり、 社会的評価を絶対視してしまったりします。 だからこそ、少し俗世から離れて 穏やかな空間で、ひとり自分と向き合うことで、 心のデトックスをして、本来の自分を取り戻すことができます。 そして、私の場合、 1人になることでエネルギーが充電されます。 (これは人によるかもしれません。) 普段周りのいろんなところに分散して使っている エネルギーを節約することで自己回復できるんじゃないかなって思っています。 あと、できれば自然の中に行くのがいいです。 自分の心の声を感じ取りやすくなるのと、 自然の見えないエネルギーをもらえるので エネルギーがさらに回復します。 自然のエネルギーは偉大です。 --- こういう、自分と対話する一人旅っていうのは、 普段からやりたいように自分を解放して 生きているようなタイプの人にはあまり 必要ないかもしれませんが、 どっちかといったら いろいろ考えて凹みやすかったり 自分を抑圧してしまいやすい人には お勧めですね^^ 日常に生きていたら、多かれ少なかれ 本来の自分を忘却してしまうことはあると思います。 だからこそ、意識的に、非日常的な空間に行って 自分と向き合う時間を作ることは大事だなと思います。 『Don't think,feel!』:)

写真などを投稿 : 2012-11-16 22:33:44 コメント 4件


勇気の出る言葉をシェアし... : 2013-02-04 21:44:09 コメント 3件
勇気の出る言葉をシェアします^^ 先日、プロのセミナー講師、 浜田幸一(はまだこういち)さんのお話を聞く機会がありました。 浜田さんは、全国を飛び回って、 プレゼンや交渉術等を大企業などで教えている プロ中のプロです。 私もセミナーを聞かせて頂いたことがありますが、 ほんとにわかりやすく、思わず惹きこまれてしまい、 これがプロなんだなと感動しました。 そんな素晴らしい方とご縁があって、 先日お話させて頂きました。 とても勉強になることをたくさん教えて頂いたのですが、 その中でも特に胸に響いた言葉があったので、 シェアさせて頂きます。 それは、 「あなたが20代でも、30代でも、40代でもいい。 今日この瞬間に、あなたは生まれたと思って、 今後の人生を生きなさい。」 という言葉です。 ・・・。 「もう30年も経過した」とか 「もう定年だ」とか 言ってしまえばそんなの関係ないんですよね。 世界は、あくまで自分の中にあって、 自分が、「私は今日生まれたばかりだ!」と思えば、 人生はそのように造られていく。 逆に、年齢とか時間とか、そういった人間が 利便性のために設けた数字で判断して、 それを言い訳にしてしまったり、 気分が落ち込んだりして、 「やりたいことができていない」という事実があるなら、 それは本当にもったいないなと思います。 つい、私も、過去の経験に縛られて、 「無理だ」とか「できない」とか 思ったりすることがあります。 でもそうじゃなくて、 やっぱり「無理」な世界を作ってるのも自分だし、 「できる」世界を作るのも自分なんだなぁと、 浜田さんの言葉に、喝を頂きました。 さぁ、人生1日目、何しようか!!!!

人を突き動かすのは夢か危... : 2012-11-13 21:14:24 コメント 2件
人を突き動かすのは夢か危機感 ビジネスには2つあります。 ひとつは、快楽を与えるビジネス。 もうひとつは、痛みをとるビジネス。 です。 ご存知の方も多いと思いますが、 初めてきく方のために簡単に説明しますね。 快楽を与えるビジネスというのは、 例えば遊園地とかゲームといった、 「なくても問題はないんだけれど、あったらもっといいよね」 っていうようなプラスアルファの価値を与えるビジネスです。 それとは逆に、痛みを取るビジネスというのは、 マイナスな状態から、0の状態かもしくはプラスの状態に近づけるビジネスです。 例えば、医療とか、教育とかですね。 後者の、「痛みを取るビジネス」は、 不況に強いビジネスです。 というのも、 「痛みから逃れたい」という欲求は、 人間、とても強いからです。 例えば、あなたの口の中に、親知らずがはえてきて、 痛くて寝ることすらできいない状況だったら、 お金に余裕がなかったとしても、 年末の忙しい時期に会社を休んででも、 最優先で歯医者さんにいきますよね。 歯の痛みを取り除かなかったら 普通に生活するのにも支障をきたすからです。 つまり、「痛み」というのは、 他の物事をさしおいてでも、多少何かを我慢してでも、 『優先して人を動かすだけの大きな影響力を持っている』、 ということです。 少し話が変わりますが、 私が新卒で入った会社でお世話になった恩師が、 こんな言葉を言っていました。 「人を突き動かすのは夢か危機感。」 つまり、 夢か危機感が、 人間の大きな原動力になるそうです。 この言葉ですが、 冒頭でお話した2つのビジネス、 「快楽を与えるビジネス」と 「痛みをとるビジネス」の話と似ていると思いませんか? 私は、この言葉を聞いた時、 夢=快楽 危機感=痛み ってことだなって思って、 妙に納得したのを覚えています。 多分、この文章を読んでくれている方の中にも、 目標に向かって頑張りたいけど、いまいちエネルギーがわいてこない、とか、 何に向かって頑張ったらいいかわからない、って思っている方も少なくないと思うんですね。 そんな時は、夢と危機感、この2つを意識してみてください。 さらに、その中でも、“危機感”を感じてみてください。 なぜなら、最初にお話ししたように、“危機感”のほうが、 より強いエネルギーがわいてくるからです。 危機感というのは、 「今の自分のままじゃダメだ!この先生きていけない!」 といった、今の自分や、現状に対する危機感です。 人間は、自分の生命の危機を自覚すると、 人間の最大の欲求、自己防衛本能を引き出してきますからね。 そのパワーは偉大です。 私は、今でこそ夢もありますが、 昔は危機感しかありませんでした。 「私の価値ってなんだろう」 「私が生きていることでみんなに迷惑がかかる」 とかね、今でこそこうやってあけっぴろげに書けますが、 ほんとにネガティブな子でした。^^; だからこそ、自分の価値を見つけるために、 人に必要とされる、価値ある人間になる為に、 自立心も、負けん気も人一倍強く 頑張ってこられたんだと思っています。 まだまだ自分自身満足できるレベルにはないですがね^^ 少し長くなりましたが、今日の話をまとめると、 エネルギーが足りない、夢とかわからない って人は、まず、危機感を持ってみてください。 私の周りの経営者の方の中にも、 自分に対する危機感を口にする方は とても多くいらっしゃいます。 じゃあ危機感ってどうやって持つの?って言ったら、 まわりを広く見渡してください。 今の日本の状況、世界の状況をよく知ってください。 そして、本当に今の自分のままで、 あなたが望む生活が手に入れられるのか、 しっかりと考えてみてください。 周りが見えるようになれば、自分のことも客観的に見られるようになります。 そこから先はあなたがどう思って、どう動くか、です。 がんばりましょう^^ P.S. 雲の上に住みたいですw

もう2012年も最後の月... : 2012-12-01 17:54:37 コメント 2件
もう2012年も最後の月に入りましたね! 最後1か月、来年に向けてラストスパートかけていきます^^ さて、ところで、このお話、知っていますか? 私が大学生の時に読んで、すごく刺激された文章です。 これまでの物の見方が変わるかもしれません。ぜひ。 --------------------------------- ある日、大変なお金持ちが、息子を連れて田舎へ行きました。 息子に、世の中の人々が実際にどれほど貧しいのかを見せようと思ったのです。 そしてその父親と息子は、田舎の大変に貧しい農家で数日を過ごしました。 田舎での滞在を終えて帰る道中、父親は息子に「どうだ?」と尋ねました。 「とってもよかったよ、お父さん」 「どんなに貧しいか、わかったかい?」と父親が聞きました。 「そうだね。よくわかったよ」と息子は答えました。 「おまえはこの旅で何がわかったんだい?」 息子はこう答えました。 「僕たちの家には犬が1匹しかいないけど、あの農家には4匹いたよ」 「僕たちの家には、庭の真ん中までのプールがあるけど、あの人たちのところには、どこまでも続く川があるんだね」 「僕たちは輸入したランタンを庭に下げているけど、あの人たちのところには、夜、満天の星空があるんだね」 「僕たちは、小さな地面に住んでるけど、あの人たちの住んでいるところは、見えないぐらい遠くまで広がっているんだね」 「僕たちには、僕たちに奉仕する召使いがいるけど、あの人たちは、他の人たちに奉仕しているんだね」 「僕たちは自分たちの食べ物を買うけど、あの人たちは自分たちの食べ物を育てているんだね」 「僕たちの家の周りには、僕たちを守るための壁があるけど、あの人たちには守ってくれる友だちがいるんだね」 息子の返事に、父親は言葉を失いました。 そして、息子はこう言いました。 「お父さん、僕たちがどんなに貧しいかを見せてくれてありがとう」 物質的な価値観にとらわれた父親が気づいたことは、まったく新しいことではありません。 ただ「忘れていた」ことだったのです。 --------------------------------- なにが幸せかは人それぞれ違うけど、 既成概念で目がくもらないように、 あるがままを心の目で見ていきたいとおもいます。 P.S. 電子書籍無料プレゼントのfacebookページができました^^ 是非いいねしてダウンロードしてください♪ ⇒ https://www.facebook.com/saitokazuya1218/app_130021577085032

このまえ、パソコンをいろ... : 2012-11-25 20:46:06
このまえ、パソコンをいろいろ整理していたら、 大学生時代に書いていたブログが出てきました。 当時、実家を離れて都会暮らししていたので、 親孝行のつもりで家族に向けて書いていたブログなんです。 だから結構、自分の内面を吐露してる内容で、 なんか恥ずかしくなりますね。笑 だけどいろいろ見てると、 過去の頑張ってる自分に結構刺激されたりもして。 こんなこと考えてたんだなーとか、 今同じ状況で行き詰まってるなーとか、 当時の自分にかけてあげたい言葉とか、 いろいろ浮かんできます。 読み返していて、改めて、自分の感情や思い、考えっていうのは 日頃からアウトプットして、形に残しとくと、 なんかそれが自分の人生の財産になるなって思いました^^ 日記はオススメです♪。 ついでなので、 就活でいきづまってた頃のブログをひとつ のっけておこうと思います^^ ------------(ココから)---------------------------- あたしは完全にゆとり教育の子どもだと気づきました。 最近、前のバイト先の社員さんにES添削してもらってて その中で人生論も教えてもらってて ・やりたいことは飽きたさきに見つかる ・今の子に足りないのは覚悟 ・趣味はやっていて楽しいこと、特技は追求できるもの ・実際に行動してみないと知恵は身につかない ・無知だから自信がない ・追求してみないとそのおもしろさはわからない 等々 こんなこと誰も教えてくれなかった これを自分で学んでこなきゃいけなかった もしくは教えてくれるような人と付き合ってこなきゃいけなかった 始めるのに遅いということはない 無駄なことは何一つない そう信じて これからの生き方を改めます 悲観するでもなく 卑下するでもなく 前を見て 向上していきます 成長するには東京が一番いい チャンスと出逢いに溢れてるから あたしは自然の中で過ごしたいけど 癒しは常に求めるものじゃないといわれました たまにあるから癒しなんだと そして一人暮らしして自立したほうがいいといわれました 実家にいたらそりゃお金は溜まる けどそれは親の恩恵にあずかっているだけ 自活して貯めたお金とは価値が違う 順番的にいったら親は自分より先に死ぬ その時に自活能力を持っていなきゃいけない 親に甘えてちゃいけない そんなことを教えてもらいました だから就職先がどこになろうが一人暮らしします 生きるには 覚悟が必要なんだなぁ ---------------------------------------- わたし、若いなぁw 写真は地元の世界遺産、合掌造りの家です^^ 寒くなりましたがみなさんも風邪ひかないように気を付けてください♪

高校の時の同級生に久しぶ... : 2012-10-07 23:47:23
高校の時の同級生に久しぶりに会ったら夢を叶えていました 今日は高校の同級生と久しぶりに会いました! 私は地元を離れて東京に出てきたので、 こっちで同級生に会うなんて滅多にありません。 だから今日は久々に会えて、 懐かしくもあり、妙に心地いい時間でした。 彼女は 高校の時から頭もよくて、いつも先生に質問しに行っているような、 真面目な頑張り屋さんでした。 当時は、「文章を書く仕事がしたい」って言ってた気がします。 たぶん。笑 高校を卒業して、約7年たちましたが、 彼女は今編集者になっていました。 彼女の言葉どおり、文章を書く仕事についていました。 そして今では、「人に響く文章をもっと追求したい」って言って そうなるための人生設計もきちんと立てて、 今の自分の仕事に誇りを持って一生懸命働いていました。 高校の時から、軸がぶれていなくて、 ひたむきに自分のやりたいことを追い求める姿勢が めちゃくちゃかっこよかった。 自分と同じルーツの子が 今頑張ってる姿を見るのって、なんかとても嬉しいですね。 応援したくなるし、私も頑張ろうって思えます。 編集者という仕事は大変そうだけど、 でもやりたいことやってる彼女は人生充実して楽しそうでした。 「夢を追う」って、なんか難しいようなイメージがあったりもするけど、彼女を見てたら、「ただ好きな事をやり続ける」っていう、 そんなシンプルなことなんだなって、。改めてそう思いました。 (写真は私の母校です♪)

人生の軸の見つけ方 あ... : 2012-11-20 23:49:29
人生の軸の見つけ方 あなたには、人生の軸はありますか? 今日は、私の実体験も交えながら、 「人生の軸」について書いてみます。 何かのきっかけや気づきになれば幸いです。 私の人生の軸は、「他人(ひと)を幸せにすること」です。 私の家は、決して裕福ではありませんでした。 だから、私の両親は、自分達のためには 殆どお金を使いませんでした。 私たち子供や、家庭の為に 最優先にお金を使ってくれました。 今でこそ、子供がみんな成人したので、 両親も自分たちの趣味や欲しいものにも お金を使うようになってくれたので少し嬉しく思っていますが、 昔は、子供心に、 親にもっとやりたいことやって 人生を楽しんでほしいなと思っていました。 だから私は、ある日お母さんに、 「なんか趣味とか作ったら?」って言いました。 するとお母さんは 「趣味もねー、ほんとはいろいろやりたいんやけど、 お金かかるでねー我慢しとるんやわ」と言って、 自分の楽しみのためには、お金を使ってくれませんでした。 私は、そんな両親の姿を小さい時から見ていたので、 「いつか、お父さんやお母さんに、 お金を気にせずに存分に人生を楽しんでほしい」 って強く思うようになっていました。 そんな、両親を幸せにしたいという思いが、 冒頭でお話した、「他人(ひと)を幸せにすること」という 今の私の軸が作られるきっかけとなりました。 そしてこの思いを軸に、 私は人生を選択してきました。 中学3年生の頃。 私は、どこの高校に進学するかを決める時に、 このように考えました。 将来、両親にお金を気にせずに 人生を謳歌してもらう為には、たくさんのお金が必要。 ↓ たくさんのお金を手に入れるためには、 給料の高い、いい仕事についたほうが一番可能性が高い。 ↓ いい仕事につくためには、 レベルの高い大学に行ったほうが有利。 ↓ レベルの高い大学に行くには、 レベルの高い進学校に行かなきゃいけない。 と、 「両親を幸せにする」という軸を判断基準に、 人生の計画を立てたんですね。 そして、進学校に行くことが 目標を達成する=両親を幸せにする、 一番の近道だとわかったので 私は地元で一番頭がいいと言われていた進学校を選びました。 そのあとも、大学、就職と、紆余曲折はあるものの、 自分の軸に沿って、選んできました。 こんなことを言うと、 「もともと頭がよかったから、すぐ進学校に行けたんだろう」 と思われるかもしれませんが、 実は中学2年の頃は私の成績は下から10番以内に入る程でした。 平均点が60点ある社会のテストで14点をとって、 点数の横に「ルイ、頑張れ!」って書かれていたのを 覚えています。笑 つまり、私は、もともと頭がよかったから 目標達成のレールを歩めたのではなく、 目標を設定したから、死ぬ気で努力して、 自力でその目標達成のレールにのったのです。 そして今もその軸はブレずに、 「両親を幸せにする」という思いを胸に人生を歩んでいます。 ただ、今では、 幸せにしたい対象が、両親だけじゃなく、 兄弟家族、友達、貧困・・・など、 もっともっと多くの人に広がりました。 幸せにしたい対象が広がった分、 今まで以上の努力が必要になりますが、 でもその努力が、たくさんの人の幸せにつながると考えたら、 苦ではありません^^ さて、あなたの人生の軸はなんですか? ・・・といっても、こんな話をして、別に 「軸を持とう」とかそんな単純なことを 言いたいわけではありません。 別に軸なんてなくても生きていけるし、 軸がないほうが幸せな人もいるかもしれないし、 軸が見つかるタイミングも人それぞれだと思うから。 ただ、 夢とか目標とか軸とか、そういった物を持ちたいけど、 見つからないっていう相談もよくもらうので、 そんな方たちに一言アドバイスをするとしたら、 そんな構えなくていいんじゃない?ってことです。 軸とかって言葉にするから少し仰々しく聞こえるかもしれないけど、 『軸=大切にしたい思い』 っていうふうに考えると、 受け入れやすいのかなと思います。 人それぞれ、 大切にしたい物や、大切にしたい人、環境、思い、など 少なからずあると思います。 その思いが、軸になります。 その思いが強ければ強いほど、 揺るがない、強い軸になります。 ただその思いにしたがって、素直にまっすぐ生きていけば、 きっといい人生になると思います。 誰がなんと言おうと、 あなたが大切だと思うものを、 大切にしたいものを、 大切にして生きる人生は、 素晴らしく価値があると思います。 自分で納得できる、 良き人生を生きましょう^^ 『あなたが人生で大切にしたい思いはなんですか?』

12月22日に六本木で忘... : 2012-12-02 19:48:45
12月22日に六本木で忘年会やります! 今回は100人規模で開催します♪ どなたでも参加OKです!お誘いあわせの上、ご参加ください^^ 待ってます♪ http://www.zusaar.com/event/451104

こんばんは。 最近左下奥... : 2012-12-08 19:16:36
こんばんは。 最近左下奥歯の親知らずがうずいてきています。 昨日歯医者さんに行って痛みどめと抗生物質の薬を もらったのですが、効き目が弱いです(涙) 私の場合、下奥歯が真横に生えているので、 親知らずを抜くとなったらえぐったり削ったりで、 とても耐えられそうにないので、 おとなしくなってくれることを祈るばかりです。 痛みって、集中力を欠きますよね。 集中しようと思っても、痛いと、 意識が持っていかれます。 集中力って、ほんのちょっとした事でも 阻害されるそうです。 例えば、机の上。 仕事をする机の上がぐっちゃぐちゃだと、 それらが無意識のうちに目から情報が入り、 その情報が脳みそを使って処理されるので、 集中力が妨げられるんだそうです。 だから、効率を高めるために、 机の上は常に整理しておかなければいけません。 それから インターネット広告もそうです。 gmailや検索結果、ブログ、SNSなど、 ありとあらゆるところに広告が表示され、 たくさんの情報が入ってきます。 インターネット広告は一例ですが、 全般的に、インターネットを使うと 思考能力が落ちるらしいです。 それを聞いて私は早速 GoogleChromeの拡張機能をいれて 広告の表示を消しました。 おすすめです。 ⇒ https://chrome.google.com/webstore/detail/adblock-plus/cfhdojbkjhnklbpkdaibdccddilifddb インターネットが発達し、 いつでもどこでもすぐに情報を 仕入れられるようになり、 脳みその中の情報量は 昔より増えたかもしれないけれど、 脳みその思考能力は ひょっとしたら現代人は 昔より退化しているかもしれませんね。 インターネットを使って一日の大半を過ごす一方で、 いかにインターネットから脳みそを守るか、 ということを最近特に意識しています。 携帯のプッシュ通知がこないようにしたり、 メールチェックの時間を決めたり、 読まないメルマガは解除したり、 facebookのお知らせ機能に 即時反応しないようにしたり、 無意識に情報に左右されないように 気を付けています。 あなたも是非自分の脳みそは 自分で守ってくださいね。 他にも何かいい方法、 おすすめのツールがあれば教えてください^^ P.S. 22日のクリスマスパーティーですが、 着々と枠がうまってきています! 満員になる前に参加申し込みしてくださいね^^ ⇒ http://www.zusaar.com/event/451104 ビジネスに興味ある人は特に 楽しんでもらえると思います^^ クリスマスを一緒に過ごしましょう♪


[Check your rank. あなたのランキングを調べる]

 Google+ Ranking
全国 : 1位- | 101- | 201- | 301- | 401- |
男性 : 1位- | 101- | 201- | 301- | 401- |
女性 : 1位- | 101- | 201- | 301- |
Global : 1st- | 101- | 201- | 301- | 401- |
北海道/東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 |
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京都 | 神奈川 | 山梨 |
信越/北陸 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 長野 |
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | 三重 |
近畿 滋賀 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山 |
中国/四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 |
九州/沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 |
携帯アクセス解析ツール | ソーシャルメディア解析 | 株式会社ユーザーローカル会社概要
Copyright (C) 2007-2017 User Local,Inc. All Rights Reserved.