株式会社ユーザーローカル Google+ ランキング

バイク動画 MotoBasic - バイクのレビュー・インプレ・ニュースなどさんのGoogle+ Trends

バイク動画 MotoBasic - バイクのレビュー・インプレ・ニュースなど

(バイク動画 MotoBasic) [Google+]
・サークルに追加されている数(Followers) : 1,561人
・国内順位 : 1,752位
バイク動画 MotoBasic - Google+

Followers : フォロワー推移

Following : フォロー推移

反応が多かった投稿ランキング

KTMのニューモデル12... : 2016-05-23 16:39:28 コメント 1件 共有 3人
KTMのニューモデル1290 SUPER DUKE R SEに試乗したので、そのショートレビューをお送りします。 実はこの車両、別件の撮影で借りたKTMジャパンさんの広報車で、本来レビューする予定はありませんでした。しかし、このモデルがあまりに良かったので車両について何も撮影せずに返却してしまうのはもったいないと思い、急遽MotoBasicの号外としてショートレビューをお送りすることにしました。 借り受け期間が短かったので、撮影・コメントともに最小限という内容ですが、このモデルの楽しさや雰囲気だけでも感じ取っていただければ幸いです。 【関連ページ】 KTM 1290 SUPER DUKE R SE 製品概要 http://www.ktm-japan.co.jp/lineup/model/1290superdukerse 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ ******************************************************************** 下記リンク先のフォームよりリクエストをお寄せください 今後の動画制作に反映させていただきます http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=3 MotoBasicへのお問い合わせは下記フォームよりお送りください http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=1 ********************************************************************

今年も2016 FIM世... : 2016-08-02 03:16:46 共有 2人
今年も2016 FIM世界耐久選手権シリーズ "コカ·コーラ ゼロ" 鈴鹿8時間耐久ロードレース 第39回大会が7月28日(木)~31日(日)に開催されました。 鈴鹿8耐と言えばレースだけではなく、様々な展示が楽しめることでも知られていますが、今年はGPスクエアに設置されていたホンダのブースに、先日ニュースリリースで発表されたばかりの250cc新型ロードスポーツモデル「CBR250RR」(インドネシア仕様)が早くも登場。 このモデルは第44回東京モーターショー2015において展示された「ライトウェイト・スーパースポーツコンセプト」を製品化したもので、今後インドネシアの合弁会社で生産し、2016年末に同国での発売が計画されています。また、ホンダのニュースリリースによると「今後、日本国内での発売も計画しています」とのこと。 ということで急遽手持ちカメラで撮影した映像ですが、展示の模様をダイジェストでお送りします。 なお、このモデルの概要は下記の通りです。(*ホンダ・ニュースリリースより抜粋) 【新型CBR250RRの主な特長】 ●新開発の直列2気筒エンジン クラスナンバーワンの出力性能を目指した、新開発の水冷・4ストローク・DOHC4バルブ・直列2気筒250ccエンジンを搭載しました。市街地での扱いやすさに加え、サーキットでのスポーツ走行にも対応できる、高回転域までスムーズに吹け上がる出力特性を実現しています。なお、スロットル・バイ・ワイヤシステム、選択可能な3つのエンジンモード設定によって、ライダーの意思に合わせてリニアにパワーを引き出し、上質で安定感のある加速フィールを獲得しています。 ●力強さと速さを直感させる独自のスタイリング ヘッドライトにはCBRシリーズのアイデンティティを継承するデュアルLEDを採用。力強く速い、エキサイティングな走りのイメージを表現しました。低く構えたロングノーズから、高く跳ね上げたテールまでに渡って先鋭的なウェッジシェイプとし、一目で魅せる独自のスタイリングを実現しました。 ●新開発の車体・足回り フレームは、新設計の鋼管トラス構造とし、強さとしなやかさを両立させました。スイングアームには、アルミ製ガルアームタイプを採用し、右側のアームを「への字」形状とすることで、エキゾーストパイプの張り出しを抑え、車体のスリム化とバンク角の確保を実現しています。サスペンションは、フロントに剛性が優れた倒立タイプを、リアには5段階にプリロード調整が可能なプロリンク・サスペンションを採用。またブレーキは前後にABSをタイプ設定。ブレーキディスクはフロント310mm、リア240mmの大径ウェーブディスクを装備するなど、卓越した走りを支える構成としています。 【関連ページ】 ホンダ・バイク関連ニュースリリース http://www.honda.co.jp/news/2016/2160725.html 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/

MSLゼファーおよびK'... : 2016-07-21 16:45:40 共有 2人
MSLゼファーおよびK's-STYLE(ケイズスタイル)が展開するKK(軽軽)二輪シリーズのショートレビューをお送りします。記録的な豪雨の中で走行し、解説してくれたのは現役レースライダーおよびモータージャーナリストとして活躍中の伊丹孝裕さんです。 登場する車両は、150ccにボアアップしたホンダのグロムとカワサキのZ125PRO、さらに海外モデルとしてスズキのジクサー150SF、ホンダCBR150R、ヤマハYZF-R15。 MSLゼファーのウェブサイトによると、KK(軽軽)二輪とは「125cc超えのクラスから250ccクラスの間の中間排気量で、手軽に乗れて、購入&維持費は安く、キビキビ走って、あわよくば高速も乗りたい!そんなライダーの願いを満たす、日本の交通事情にもマッチした普段使いにピッタリのマシン」とのこと。 大型バイクを所有している方のセカンドバイクとしてはもちろん、車体が軽量で取り回しも楽なので、ビギナーやリターンライダーの方、女性ライダーなどにもピッタリのシリーズと言えるでしょう。 【関連ページ】 MSLゼファー http://www.msl-japan.com/ K's-STYLE http://ks-style.bike/ MSLゼファー・スタッフブログ http://ameblo.jp/msl-japan/entry-12179854773.html 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ ******************************************************************** 下記リンク先のフォームよりリクエストをお寄せください 今後の動画制作に反映させていただきます http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=3 MotoBasicへのお問い合わせは下記フォームよりお送りください http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=1 ********************************************************************

写真などを投稿 : 2016-12-21 17:15:47 共有 2人


2016年3月25日~3... : 2016-03-27 18:56:30 共有 2人
2016年3月25日~3月27日の日程で東京ビッグサイトにて開催された第43回東京モーターサイクルショー。 昨日から配信している本編では主要バイクメーカー&インポーターのブース内容と、用品・パーツメーカー系の展示をご紹介していますが、 https://www.youtube.com/watch?v=pfqiN... この番外編ではちょっとレアな白バイ、ヤマハ FJR1300Pが走行する模様とクイーンスターズのリハーサル風景をお送りします。FJR1300Pの走行シーンもさることながら、クイーンスターズの演技も圧巻です。 【関連ページ】 東京モーターサイクルショー公式サイト http://www.motorcycleshow.org/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ ******************************************************************** 下記リンク先のフォームよりリクエストをお寄せください 今後の動画制作に反映させていただきます http://motobasic.com/modules/formmail... MotoBasicへのお問い合わせは下記フォームよりお送りください http://motobasic.com/modules/formmail... ********************************************************************

2016年10月10日に... : 2016-12-01 23:16:32 共有 1人
2016年10月10日に行われたホンダコレクションホール走行確認テストの模様をダイジェストでお送りします。 このVol.1では、走行前準備作業の様子とともに登場する車両をざっとご紹介。登場バイクは、4RC146(1965)、RC116(1966)、C181(1967)、CB500R(1974)、RCB1000(1976)、RS125RWT(1981)、NSR500(1988)、RVF750(1991)、RS125RW(2003)の9台。 4輪は、RA301(1968)、ロータスホンダ100T(1988)、マクラーレンホンダMP4/6(1991)の3台です。 【関連ページ】 ツインリンクもてぎ ホンダコレクションホール http://www.twinring.jp/collection-hall/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ #MotoBasic

ヤマハから発売されたばか... : 2016-05-27 17:03:43 共有 1人
ヤマハから発売されたばかりの新型ロードスポーツモデル、XSR900に試乗したので、そのレビュー予告編としてスタイリング&ディティール編をお送りします。 近年、BOLT C-SpecやXJR1300Cなど、レトロ感やカフェレーサー的な雰囲気を強調したモデルを立て続けにリリースしているヤマハですが、このXSR900もその流れを汲む1台といってよいでしょう。 ベースとなっているのは現行最新のMT-09なので、走行性能の高さは折り紙付き。ヤマハが誇るパワフルかつトルクフルな直列3気筒エンジンを軽量コンパクトなアルミフレームに搭載し、動きの良い前後足回りを組み合わせることで、そのレトロ感たっぷりな外観とは裏腹にMT-09と同等のフレキシブルな走行性能を実現しています。 それでは何故、ヤマハはこのモデルのためにXSRという新たなブランドを立ち上げたのか…。どうやらその点がこのモデルのキモとなっているようで、試乗してみると、よりスポーティな乗り味を強調する方向で開発されたBOLT C-SpecやXJR1300Cとは異なり…。 詳しい乗車感については近日公開予定の試乗レビュー編にて! 【関連ページ】 ヤマハ XSR900 製品概要 http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/xsr900/ ヤマハ XSR900 開発ストーリー http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/xsr900/special/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ ******************************************************************** 下記リンク先のフォームよりリクエストをお寄せください 今後の動画制作に反映させていただきます http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=3 MotoBasicへのお問い合わせは下記フォームよりお送りください http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=1 ********************************************************************

写真などを投稿 : 2016-12-23 17:29:49 共有 1人


10月4日からドイツのケ... : 2016-10-05 18:15:18 共有 1人
10月4日からドイツのケルン市で開催されている「インターモト - 国際オートバイ・スクーター専門見本市 2016(International Motorcycle, Scooter and Bicycle Fair)」にて発表されたホンダ CBR1000RR Fireblade SP/SP2 CB1100EX/RSの姿を写真速報でお送りします。 (以下、プレスリリースより抜粋) <CBR1000RR Fireblade SP/SP2の主な特徴> 新型CBR1000RR Fireblade SP/SP2は1992年発売の初代CBR900RRから続く「操る楽しみ」のコンセプトを継承しながら、さらに大幅な軽量化と出力向上を図り、軽快なハンドリングと操縦性を進化させました。またRC213V-Sのシステムをベースに開発した総合的な電子制御システムを新たに採用。ライダーをさまざまなライディングシーンでサポートします。 モードセレクトにより、ライダーの好みや走行状況に合わせて、出力特性を変更できる「パワーセレクター」や「セレクタブルエンジンブレーキ」、「Honda セレクタブル トルク コントロール」のほか、サスペンションを制御する「ÖHLINS Smart EC」※を一括して設定変更可能としています。また、バンク角を検知して優れたコントロール性に寄与する新ABSシステムを搭載。車体の軽量化・最適な車両バランスと相まって、操る楽しみの最大化を意味する、革新の「トータルコントロール」を実現しています。 さらにCBR1000RR Fireblade SP2はSPをベースとしてサーキット走行やレースでの使用を想定し、吸排気バルブ、燃焼室およびピストンを新設計した新型のシリンダーヘッドを搭載。車体ではマルケジーニ製アルミ鍛造ホイールを採用し、さらなるスポーツ性能の向上を図りました。 また、CBR1000RR Fireblade SP2のサーキット走行により適した性能を引き出す「レーシング・キット」の販売も予定しています。 <CB1100EX/RSの主な特徴> CB1100EX/RSは、タンク底板を縁取るシーム溶接のフランジを排除し、手作り品のような立体感を実現した「フランジレスフューエルタンク」を採用。往年のCBからの血統を感じさせる、彫りの深い曲面基調のフォルムを実現しました。また、サイドカバー、シート、リアフェンダー、ステップホルダーなど、細部の仕上げまでこだわり抜いた装備を採用し、構成部品一つ一つの形状、仕上げのみならず全体のバランスや質感の調和に注力したことで、さらなる“所有する喜び”を追求。CBの伝統を継承しながら、進化を遂げました。 CB1100EXは、トラディショナルなフォルムを守りながら、ヘッドライト・テールランプにはLEDを採用。前後18インチスポークホイールは、新設計の小径ハブ、アルミリム、ステンレス製40本スポークの採用により、CBブランドの伝統的な印象を高めるデザインとしています。 CB1100RSは、よりスポーティーなキャラクターとするために、前後ホイールにアルミキャスト製17インチホイールと幅広タイヤを装着。足まわりは、2ピースボトムケースフロントフォーク、ラジアルマウントブレーキキャリパー、リザーバータンク付きリアダンパー、新設計アルミスイングアームなどを装備し、軽快な走りを実現。空冷・DOHC・直列4気筒1100ccエンジンのポテンシャルを引き出したくなるような、走りの楽しみを提供する足まわりと組み合わせで、CB1100の世界を広げるモデルとしています。 なお、これらの4モデルは日本国内での発売も計画しています。 【関連ページ】 Honda プレスリリース https://www.hondanews.info/news/ja/motor/2161004b 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ #motobasic ******************************************************************** MotoBasicへのお問い合わせやレビューのリクエストは下記フォームよりお送りください http://motobasic.com/contact-us%ef%bc%8f%e3%81%8a%e5%95%8f%e5%90%88%e3%81%9b ********************************************************************

今回はアールズフォークの... : 2017-01-10 16:52:41 共有 1人
今回はアールズフォークの動き方を撮影してみました。 50年前のバイクのサスを説明して誰の得に・・・という声も聞こえてきそうですが、興味があるという方はご覧ください!

2016年7月26日に開... : 2016-07-27 18:27:30 共有 1人
2016年7月26日に開催された「YAMAHA 8耐 MEDIA CONFERENCE」の模様をダイジェストでお送りします。 会場に登場したのは、YAMAHA FACTORY RACING TEAMの中須賀克行選手/ポル・エスパルガロ選手/アレックス・ローズ選手/吉川和多留監督そして、YART Yamaha Official EWC Teamのブロック・パークス選手/野左根航汰選手/藤田拓哉選手/マンディ・カインツ監督ら。 昨年は予選、決勝を通して高い戦闘力を見せつけ圧倒的な強さで優勝を果たした8耐仕様のYZF-R1Mは、エンジンや車体、電子デバイスの熟成を重ねて耐久性、信頼性が大きく向上している模様。さらに今年もワークスチームを投入するヤマハは体制も盤石、映像からもその自信が伝わってきます。 果たして、ヤマハは連覇を達成するのか、それともその牙城に迫るチームが現れるのか...。2016コカ・コーラ ゼロ鈴鹿8時間耐久ロードレースは7/31に決勝レースが行われます。 【関連ページ】 ヤマハ発動機・2016鈴鹿8耐スペシャルサイト http://race.yamaha-motor.co.jp/sp/suzuka8h/ "コカ·コーラ ゼロ" 鈴鹿8耐 http://www.suzukacircuit.jp/8tai/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ ******************************************************************** 下記リンク先のフォームよりリクエストをお寄せください 今後の動画制作に反映させていただきます http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=3 MotoBasicへのお問い合わせは下記フォームよりお送りください http://motobasic.com/modules/formmail/index.php?idform=1 ********************************************************************

今年、2016年1月に発... : 2016-03-30 18:28:19 共有 1人
今年、2016年1月に発売されたホンダのアドベンチャーモデルNC750X DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)ABS Eパッケージに試乗したのでレビューをお送りします。 今回のモデルチェンジで外観は一新され、よりスタイリッシュで高級感あるデザインが与えられたNC750X。LED化されたヘッドライトやテールランプ、容量を拡大したラゲッジスペースなど、スタイリングや利便性の向上が注目されがちですが、パルス感が増したエンジンや改良されたDCT、グレードアップした前後足回りなど、走行性能面も大きく進化しているという点は見逃せません。 ホンダのNC700XやNC750Xというと、リーズナブルな価格と良好な燃費、味わい深くトラクションに優れるエンジン、充実した装備、さらには低重心設計による扱いやすさなどを武器に大ヒットしたモデルなので、今回登場した最新型が気になっているという方も多いのではないでしょうか。 その乗り味については映像本編にて! 【関連ページ】 ホンダ NC750X 製品概要 http://www.honda.co.jp/NC750X/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ ******************************************************************** 下記リンク先のフォームよりリクエストをお寄せください 今後の動画制作に反映させていただきます http://motobasic.com/modules/formmail... MotoBasicへのお問い合わせは下記フォームよりお送りください http://motobasic.com/modules/formmail... ********************************************************************

2016年10月10日に... : 2016-12-27 18:45:43 共有 1人
2016年10月10日に行われたホンダコレクションホール走行確認テストの模様をダイジェストでお送りします。 Vol.10はF1マシン、1991年型McLAREN HONDA MP4/6の走行です。新開発のV型12気筒エンジンを搭載し、コンストラクターズ/ドライバーズ(アイルトン・セナ)のダブルタイトルをホンダにもたらしたモデルです。 なお、この映像に登場するNo.2の個体は鈴鹿サーキットで行われた日本GPでセナと1-2フィニッシュ、優勝を飾ったゲルハルト・ベルガー車で、テストドライバーは元Hondaワークスライダーの宮城光さんです。 【関連ページ】 ツインリンクもてぎ ホンダコレクションホール http://www.twinring.jp/collection-hall/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ #MotoBasic

2016年10月31日開... : 2016-11-27 16:29:41 共有 1人
2016年10月31日開催されたBMW Motorrad Japanのプレス向け試乗会の模様をダイジェストでお送りします。僅か3時間というイベントだったので、サラッとした内容ですが、興味のある方はご覧ください。 当日はWedge Motorcycle によってカスタムされたG310Rが展示されていました。美しい仕事もさることながら、後傾シリンダー+前方吸気・後方排気という構成を持つこのモデル、日本でのデビューが待ち遠しい1台です。 【関連ページ】 BMW Motorrad Japan http://www.bmw-motorrad.jp 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ #motobasic

写真などを投稿 : 2016-12-22 20:37:39 共有 1人


2016年12月4日にツ... : 2016-12-07 17:20:07 共有 1人
2016年12月4日にツインリンクもてぎで開催された「Honda Racing THANKS DAY 2016」のハイライトをお送りします。 今年で9回目となるこのイベントは、ファンがモータースポーツの魅力を体感し、ライダーやドライバーとの交流を深めるためにホンダが開催しているもの。今回も国内外で活躍中の二輪・四輪カテゴリーのトップライダーやドライバーが一堂に会し、ホンダならではの魅力的なコンテンツが約2万人の観客を沸かせました。 このVol.1では、前日の特別走行リハーサルで起こったちょっとスリリングなシーンをお届けします。 翌日の本番を想定し、コースインする2台のMotoGPマシン(RC213V)。レプソル・ホンダカラーを駆るのはご存知今季のチャンピオン、マルク・マルケス選手、そしてもう一台のスペシャルカラーをライディングするのはマクラーレン・ホンダのF1ドライバー、フェルナンド・アロンソ選手。 これだけでもかなりレアなシーンなのですが、その数周後にコースインしたのは、なんとマルケス選手のチームメイトであるダニ・ペドロサ選手がドライビングするNSX CONCEPT-GT。 レーサーの血が騒いだのか、タイヤが温まると良いペースで飛ばし始めた3選手。特にアロンソ選手はノリノリで、ホームストレートではマルケス選手と同等のスピードで快走。そして4輪の経験があまりないとされていたペドロサ選手もかなりのスピードでNSX CONCEPT-GTをドライビングしていたのですが…。 【関連ページ】 Honda Racing THANKS DAY 2016 http://www.twinring.jp/hrtd/ http://www.honda.co.jp/Racing/race2016/hrtd/rehearsal/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ #MotoBasic

2016年10月10日に... : 2016-12-02 20:54:56 共有 1人
2016年10月10日に行われたホンダコレクションホール走行確認テストの模様をダイジェストでお送りします。 このVol.2に収録しているのはRC116のテスト走行。'66年世界選手権ロード、50ccクラスにおいて6戦3勝、マニュファクチャラーズタイトルを獲得し、ホンダ5種目制覇の一翼を担った名レーサーです。 今ではありえない排気量49.8cc、空冷4サイクル2気筒DOHC4バルブギヤ駆動エンジンの快音をお楽しみください。 なお、この映像で走行している個体はマン島TTで勝利したNo.1 R.ブライアンス車です。 【関連ページ】 ツインリンクもてぎ ホンダコレクションホール http://www.twinring.jp/collection-hall/ 【映像制作・配信】 MotoBasic http://motobasic.com/ #MotoBasic

[Check your rank. あなたのランキングを調べる]

 Google+ Ranking
全国 : 1位- | 101- | 201- | 301- | 401- |
男性 : 1位- | 101- | 201- | 301- | 401- |
女性 : 1位- | 101- | 201- | 301- |
Global : 1st- | 101- | 201- | 301- | 401- |
北海道/東北 北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 |
関東 茨城 | 栃木 | 群馬 | 埼玉 | 千葉 | 東京都 | 神奈川 | 山梨 |
信越/北陸 新潟 | 富山 | 石川 | 福井 | 長野 |
東海 岐阜 | 静岡 | 愛知 | 三重 |
近畿 滋賀 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫 | 奈良 | 和歌山 |
中国/四国 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 |
九州/沖縄 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 |
携帯アクセス解析ツール | ソーシャルメディア解析 | 株式会社ユーザーローカル会社概要
Copyright (C) 2007-2018 User Local,Inc. All Rights Reserved.